首のイボ 薬

首のイボに効く薬にはどんなものがあるの?

首にポツポツとイボが出来始めました。

 

ここで皮膚科に通うか、薬で治すか、悩まれると思います、

 

仕事や学校など忙しく、また治療費のこともあり、皮膚科に通うのはちょっと難しいという方もいらっしゃいますね。

 

そんな時には薬はどうなのでしょうか?

 

ちょっと首のイボに効く薬について調査しました。

 

すると首のイボに薬で治したという話を聞きましたので、その効果について調べてみました。
<首のイボはなぜ出来るの>

 

首のイボは加齢による老化現象で出来るものが大半であり、たとえ30代前半で出来始めても「老人性イボ」と呼ばれています。

 

これは紫外線などによる外的要因、また皮膚の新陳代謝が鈍くなって、肌のターンオーバーサイクルが遅くなり、角質が排出できなくなって固まり、イボとなってしまうので、「老人性イボ」と呼ばれているのです。

 

<皮膚科で治す場合>
通常、老人性イボは痛みませんので、痛くなってしまうウィルス性のイボと違います。

 

ウィルス性のイボは人に移す可能性もありますので、この場合は速やかに皮膚科に行って受診することをお勧めします。

 

皮膚科の治療法ですが、炭酸ガスレーザー治療で切り取る、液体窒素を患部に塗る、医療量ハサミ切り取る治療の3つです。

 

炭酸ガスレーザーは皮膚科によって、保険適用外のところもありますので、この場合は治療費がちょっとかかるかと思います。

 

液体窒素の治療は患部に液体窒素を塗りつけて、その患部を火傷させるという、少々痛みが伴うことが多いようです。

 

医療用ハサミで切り取る場合は、突起した首のイボでしたら、すぐに切り取れますが、平面的なイボには適しません。

 

<首のイボの薬>
では薬で首のイボを治す場合はどんな薬を使えばよいのでしょうか?

 

皮膚科で処方して頂ける薬はサルチル酸、ホルムアルデヒト、グルタルアルデヒト、トリクロロ酸、カンタリジン、ポドフィリンという成分が配合されているそうです。

 

皮膚科で処方されているそうですが、やはり薬で治す場合は、時間がかかります。

 

短期で治そうと思う場合は少々難しいと思います。

 

市販の薬ですと、ここで注意があります。

 

身体に出来るイボと首のイボとはイボの種類が違うので、首のイボには違う薬を使わなくてはいけないということです。

 

また首は大変デリケートな部分で、皮膚も薄く、喉、食道などの重要器官がありますので、ここに強い薬が浸み込むと、重篤な症状に陥る可能性があります。

 

安易に自己判断で首のイボに「イボコロリ」など身体のイボの薬を使用するのは危険ですので絶対にやめましょう。

 

<漢方薬>
ここで漢方薬も調べてみました。

 

ヨクイニンという、ハトムギの成分から出来ている漢方薬が出ています。

 

このヨクイニン(ハトムギ)は古くから、イボ取りに使われていて、お粥やスープの実にも使われています。

 

ヨクイニンの成分が入った漢方薬や薬を使うと効果が出るそうです。

 

これは身体の免疫力をつけて治そうとする漢方薬独特の治療の方法を利用することになります。

 

ですが、薬も漢方薬も身体の中からゆっくり免疫力を付けて治そうとするので、治療にかかる時間は少々かかるようです。

 

ゆっくり治そうと思うのでしたら、薬は有効だと思いますが、劇的に早く治したい方は皮膚科に行くことをお勧め致します。

 

>>イボケアで人気の「艶つや習慣」の詳細はこちら